ユリアン VS レッドキング

『臨時ニュースをお伝えします。午後1時30分頃、○△市近郊に怪獣が出現しました。これを受けて防衛軍は……』
病院のロビーのテレビに映し出されるのは、堂々とのし歩く巨大な怪獣の姿。
それを見て5歳位の少年が声をあげるのを、看護師・星涼子は不思議な心持ちで見ていた。
「あっ、レッドキングだー!」
「へぇ……よく知ってるのね、怪獣の名前」
「うん。だって、ウルトラマンと戦ったことがあるんでしょ?」
「そうよ。ずっと昔に、ね」
レッドキングはかつてウルトラ戦士と戦った怪獣の中でもひときわ有名であり、人形などのおもちゃも子供たちに大人気だ。
いかにも怪獣、といった感じの力強い雄姿と、パワーのみを武器とする豪快な戦い方が人気の要因であろうか。
しかし、さっきまでテレビを見て歓声をあげていた少年は、徐々にうつむき目をそらし始めていた。
地響きをあげて大地を闊歩し、戦車を踏み潰しながら進み行くレッドキング。
画面を通してとはいえ実際の怪獣の姿を目の当たりにしたことで、恐怖を感じ始めているようだ。
『怪獣は防衛網を突破し、まっすぐに進攻中です。付近の……』
「ねぇ、お姉ちゃん……レッドキング、ここにも来るの?」
不安げな表情で見上げる少年の頭を、涼子は優しく微笑みながらそっと撫でてやった。
「ううん、大丈夫よ。防衛軍が頑張ってるし、いざとなったらきっとユリアンが来てくれるわ」
「うん……!」
ユリアンの名を聞いた少年は勇気が湧いた様子で、力いっぱいに頷いた。
「いい子ね♪」
涼子はもう一度少年の頭をいっぱいに撫でてやると、階段で屋上へと向かった。
屋上への扉を開けると、午後の眩しい陽射と幾分湿った風が、涼子の全身を包みこんだ。
少年の怯えた表情が、脳裏に蘇る。
レッドキングの向かう先の街でも、恐怖と不安に必死に耐えている子供たちや大人たちが大勢いることだろう。
「守らなくちゃ……」
決意の一言を呟くと、涼子は右腕のブレスレットを青空に向けて高く掲げた。
「ユリアン!!」
直後、涼子の肉体は重力から解き放たれ、一筋の神々しい光となって一直線に空を駆けていくのだった。



「ギィギャアァァァッ!!」
耳をつんざく雄叫びをあげ、レッドキングは遂に市街地へ侵入した。
豪腕でビルを破壊し、野太い脚でトラックを蹴り上げ、好き放題に暴れながら中心部へと近づいていく。
戦闘機が放つミサイルが何度か頭部に命中するものの、怪獣は頭を掻くような仕草をするだけで一向に効いている様子はない。
着弾を確認すると、そのまま離脱していく戦闘機。
住民の避難が完了していないこともあって、防衛軍は本格的な攻撃に踏み切れないのだった。
その時。
怪獣の目の前100メートルほど離れた場所に強烈な光の柱が降り立ち、その中から流麗な女性戦士のシルエットが現れた。
「シェアァッ!」
ユリアンは怪獣の前に立ちはだかると、すぐさま迎え撃つ構えを見せた。
「ギィギャアァァァッ!!」
眼前に敵の姿を認めたレッドキングは全身を揺さぶり、激しい咆哮をあげて威嚇する。
「ムウゥッ……!」
見るからに強靭なレッドキングの巨体を目の当たりにし、さすがのユリアンも思わずじりっと後ずさってしまう。
が、両拳を握り締めて戦意を奮い起こすと、怪獣めがけて突進していった。
「ハアァッ!」
勢いをつけて放った前蹴りがレッドキングの腹部に食い込み、ずしん、と重い音が響く。
畳み掛けるように左右のチョップ、膝蹴り、裏拳を次々に叩き込み、怪獣の首を抱え込んで締め上げた。
「セイヤアァァッ!」
気合い一発、渾身の力を込めて首投げを放つユリアン。
レッドキングの巨体はあっけなく宙を舞い、裏返しになって地面に叩きつけられる。
「ギィギャアァァァッ!!」
土ぼこりの中で叫びながらもがくレッドキング。
ユリアンさらに追い討ちをかけようと、倒れた怪獣に飛び掛かった。
が、レッドキングの尻尾で足元を振り払われ、うつ伏せに地面に倒れこんでしまう。
「クウゥッ!」
すぐさま起き上がって構え直すユリアンだが、その眼前にはすでに立ち上がったレッドキングが待ち構えていた。
隆々とした腕から繰り出される痛烈な張り手が、ユリアンの顔面を襲う。
「アウッ! ウウゥッ!」
さらに怪獣は上半身を地面近くまで屈め、その石頭でユリアンの腹部を下から強烈に突き上げた。
「ウワアアァ~ッ!!」
あえなく宙を舞い、地面に叩きつけられるユリアンの肢体。
レッドキングの強靭な身体から繰り出される攻撃は、一撃一撃が重い。
ダメージに喘ぐその身体をレッドキングは容赦なく蹴り上げ、前進しながら何度も何度もユリアンを蹴り転がした。
「アウッッ! ウウゥッ! ハウゥッ! アァァ~ッ!」
サッカーボールのようにごろごろと転がされ、ボディを彩る赤と銀のラインがみるみる汚れていく。
ようやくのことで立ち上がったとき、ユリアンの全身にはダメージが鉛のように重く圧し掛かっていた。
「ハァッ、ハァッ……」
怪獣はよろめくユリアンの股間に手を差し入れると、その丸々とした肉体を軽々持ち上げ背後に投げ捨てる。
ウルトラボディは驚くほど高く宙を舞い、仰向けにビルの上に落下した。
「ハゥムゥッ……!」
ビルがミニチュアのように崩れ落ち、大量の破片がユリアンの身体を覆い隠す。
瓦礫を押しのけて立ち上がろうとしたその背後に、怪獣の長い尻尾がうなりをあげて襲い掛かった。
――びしぃっ! びしぃっ!
「アアァッン! フゥアァッ!」
ヒップを激しく打ちつけられ、むっちりとした尻肉が瑞々しく揺れる。
さらに背中に強力な前蹴りを叩き込まれ、またもユリアンはあっけなくごろごろと地面を転がってしまった。
「アァッ! ……ハァッ、ハァゥッ、ウゥゥッ……」
うつ伏せの状態で荒い息を吐き、なかなか立ち上がることが出来ないユリアン。
レッドキングの力まかせの波状攻撃を浴び続け、大きくエネルギーを消耗してしまっていた。
身体に圧し掛かるダメージとともに、ユリアンはレッドキングの予想以上の強大さを身をもって味わっていたのだった。
だが、一定の距離が離れた今が逆転のチャンスでもあった。
「ウウゥッ……」
よろめきながらもなんとか立ち上がると、ユリアンは両腕を十字に構え全身のエネルギーを収束させる。
次の瞬間、クロスされた腕から凄まじいばかりのエネルギーを帯びた光線が放たれ、怪獣の巨体を直撃した。
「ギャアァァァッ!?」
まともに光線を浴びて絶叫するレッドキング。
しかし、怪獣の胸元でスパークしていた光は徐々に輝きを失い、やがて吸い込まれるように消えていってしまった。
以前より遥かに鍛え上げられたレッドキングの肉体は、ユリアンの必殺の光線攻撃にも耐えてしまったのだ。
「ギィギャアァァァッ!!」
「ウゥッ!? アアァァ……」
先ほどにも増して元気一杯に叫ぶレッドキングとは対照的に、パワーを消耗したユリアンはがっくりと膝をついてしまった。
額のビームランプが点滅を始め、残りわずかなエネルギーを知らせる。
ユリアンにとどめを刺すべく近づいていくレッドキング。
必死に構えを取ろうとするユリアンの腹部を無情に蹴り上げ、仰向けに転ばせた。
「ハウゥッ……!」
レッドキングはさらに近づくと、その逞しい足でユリアンの股間を踏みつけた。
「オオアアァッ!?」
不意に襲ってきた強烈な圧迫感に、たまらず悲鳴をあげてもがくユリアン。
だが怪獣の足は局部から離れることなく、ぐりっ、ぐりっ、と力を込めて可憐な三角地帯を踏みにじった。
「ハアウゥッ! アァァッ!?……ハウオォ~~ッン!!」
身をよじり、怪獣の足を掴んで必死に逃れようとするも、巨木のような足は一向に動く気配もない。
度重なるダメージと光線による消耗もあり、さらに陰部からこみ上げてくる甘い感覚のせいで思うように力が出ないためでもあった。
光のエネルギーでコーティングされたウルトラボディは、たとえレッドキングの怪力でも押し潰したり引きちぎったり出来るものではない。
しかしそのダメージは体内に蓄積され、多量のエネルギーを消耗させてしまうのである。
――ずりっ、ぐりっ、ぐぐっ、ぐりぐりっ!
「オオウッ! ハオォッ……!? アッアァァ……ッ……」
やがてユリアンの苦しみ方に変化が現れた。
ただの圧迫感だったものが足の裏で陰唇をこねまわすような動きに変わり、ダメージが狂おしい快感と化して襲ってきたのだ。
足裏の硬い皮膚でクリトリスを擦られるたび、身体がびくっと震え、豊かな乳房がエロティックに揺れた。
――ずずっ、ぐぐっ、ぐりぐりっ、ずちゃっ。
「アウッフゥ……! アアァッ、オオォン……ムフゥアァッ……!」
ユリアンの喘ぎが徐々に艶を帯び、吐き出す息も湿度を増していく。
自分では認めたくないと思いつつも、この状況でこみ上げてくる甘美な快感はどうしようもない。
レッドキングの電気按摩攻撃からどうしても逃れられないと知り、諦めとともに抑えられていた性感度が開放されたようだった。
今の体勢ではもはや、怪獣のなすがままに身を任せ、耐えるしかないのだ。
だがユリアンの反応の変化を感じ取ったレッドキングは、動きに変化を加えながらいっそう激しくユリアンの秘部を責めたてた。
秘唇をなぞるように上下に動かしたり、陰核に細かな振動を加えて刺激したりと、その動きは巨女体の奥底を急速に沸騰させていくのだった。
――ぐっ! ぐっ! ずちゅっ! ぬちゃっ!
「オオゥフゥッ……ヒィアァ~~ッン!」
ユリアンの麗しい秘裂から、熱い甘蜜がじゅわっと溢れ出した。
強靭な足に力が加わるたびに湿り気を帯びた音が響き、峻烈な快感が電撃のように体内を走り抜けていく。
もはやユリアンには湧き上がるオルガスムへの期待を抑える気力は残っていない。
「フゥアッ! アッ、アァッ! フアッ、フウアァオオオォォ~~~ンッ!!!」
たまらず自ら足を開き、怪獣の動きに呼応するかのように腰を突き動かして悶えてしまうユリアン。
空に向けて伸ばされたその腕は、助けを求めるかのようにわなわなと震えていた。
切なさと愉悦に侵されきったその肢体は、まるで豊穣の女神のように「女」の部分を強調させつつ扇情的に揺れつづける。
――ぐっ! ぐぃっ! ぐっぐっぐっぐぐぐっ!!
「アフゥオッ!? アァッ! アッア、ア、アッアッフウゥワアアァァァ~~~ッッッ!!!」
弱点であるクリトリスを足裏の振動で強烈に責め抜かれ、とうとうユリアンの肉体は臨界点を迎えた。
我を忘れて全身を震わせながら、めくるめく法悦の世界へと飲み込まれていく。
「アウゥッ! アッ……アァッ……アアァッァ……」
絶頂の余韻に放心したようにぴくぴくと身体を震わせ、ぐったりと脱力してしまった。
「ギィギャアァァァッ!!」
力尽きたユリアンの胸元を踏みつけ、勝ち誇ったように咆哮するレッドキング。
「アッ……アウゥゥ……」
土ぼこりと愛液に塗れ、敗北の味を噛みしめるユリアン。
やがてビームランプと両瞳に灯っていた光が消え、ユリアンのぼろぼろの肉体は地面に溶けこむかのように消えていってしまった。
「ギィギャアァァァッ!!」
その後レッドキングは○△市を思うままに蹂躙し、やがて何処かへと去っていった。

数分前、一筋の光が飛び立っていった病院の屋上。
「はあっ、はぁっ……」
手すりにしがみつきながら必死に立ち上がろうとする星涼子の姿があった。
怪獣に敗れてエネルギーを使い果たしたことで、人間としての肉体にもかなりの影響が及んでいたのだ。
「レッドキングが……あんなに、強かったなんて……この私が、まるで歯が立たなかった……」
力で圧倒された上に恥部を責められイかされてしまったことが、より大きな屈辱として涼子の心に影を落としていた。
「か……完敗だわ……」
[PR]
by meda567 | 2009-03-29 18:58 | ウルトラヒロイン外伝


MEDAと申します。セクシーに戦い、エロティックなピンチに陥るスーパーヒロインを描いていきます。


by meda567

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

女神アグレイア
ウルトラヒロイン外伝
Poser
特撮談義
お知らせ
雑記

タグ

最新のトラックバック

リンク

以前の記事

2014年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 03月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧